関節痛には早めの対策


関節痛のインフルエンザ

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
1月 4, 2015 at 3:24 PM

皆さんはインフルエンザにかかったことはありませんか?

私はまだ一度もかかったことがありません。

家族が発症しても私にはインフルエンザが移りませんでした。

風邪ぐらいなら経験があるのですが、インフルエンザというものを経験したことがないので、どういった症状なのかインターネットで調べてみました。

今後、発症しないとは限りませんので、事前の知識は役に立つはずです。

インフルエンザの主な症状は、頭痛、悪寒、関節痛、倦怠感、腹痛、呼吸困難、下痢といった症状があります。

症状を見ていくとまともに動ける状態ではないということが分かります。

関節痛で倦怠感なら動くのにも辛いのに、下痢や呼吸困難まであったら一人で闘病していたら挫けそうな気がします。

インフルエンザになったとしたら、外出できませんので気が滅入ってしまいそうです。

予防接種をしてインフルエンザを防いでおきましょう。

子供のころにやったことがない人は予防接種をしておきましょう。

予防しても新型のインフルエンザには効果ないこともあります。

インフルエンザはその都市によって流行になっている型が異なります。

最近の傾向からはA型とB型のインフルエンザウイルスによって流行になっているようです。

2009年に日本でも大流行したインフルエンザウイルスはA型です。

このA型は関節痛で身体全体が動けなくなることがあります。

関節痛や下痢とった症状ならばまだ軽度といえますが、重篤になってしまうと最悪の場合は死に至ることもあります。

日々にうがい、手洗いをしておくことで防ぐことができます。

アルコール消毒をしておくと効果を高めることができます。

対策としては予防接種をすることや、規則正しい生活を心がかること、手洗いうがいをすることをしていくことで予防することができます。

インフルエンザにかかる人の中には手洗いをしても病気になってしまうことがあります。

これは誰かに移された、手洗いが不適切だったなどの理由が考えられます。

手洗いで気をつけてほしいことは丁寧に時間をかけて隅々まで洗うことです。

水で洗い流す程度でウイルスが落とせることはありません。

石鹸で洗うだけでもいいのですが、アルコールでやると効果的であります。

インフルエンザもそうですが様々な病に関係があるのが関節痛です。

関節痛にはこんなに症状があります

こちらのサイトを見て日々、情報収集をしています。